前へ
次へ

住まうに当たり気を付けたいポイント

不動産購入する場合には、まず用意できる費用を計算すること、予算を考えることから始めます。
予算内で理想の家をつくることを考えると、見積もりを2~3社にとることがベストです。
費用がいくらかかるか、見積もりをとりましょうという話し合いから行うために、まず伺う会社先を選びましょう。
インターネットに、体験談や口コミが載せられていますので参考にしてみましょう。
HP・パンフレットの施工事例や、ショールームも建てられて内建が可能な建築会社もありますので、センスを問いてみましょう。
また、住むに当たりかかる維持費や周辺の物価相場や治安なども注目しながら、考えていきましょう。
1年分の費用を計算して出してみると、将来的な部分が段々見えてくることでしょう。
購入後、その住宅にいつまで住めるかといったことも重要になってきます。
築30年も経過すると、トイレやお風呂場などの設備に劣化が見られるようになります。
原因は、水分による錆び付きなどが考えられ、長い間利用されることにより風化していきます。

Page Top