前へ
次へ

土地物件の購入に当たり気を付けたいポイント

物件購入に必要な費用は、物件の購入費用だけでありません。
土地・建物価格のほか、諸費用となる仲介手数料や登記費用・住宅ローンの事務手数料や保険料なども含まれます。
中古住宅の場合、土地・建物価格の10%程度が目安になります。
土地・建物の価格は、周辺エリアの相場などがあります。
利便性のよいエリアであれば、土地や建物の価格は割高になります。
特に、町の中心部などが対象になり、不動産物件は値下げは難しいといえます。
また、土地価格が値下がりすることも少ないため、難しいかたは希望エリアを変えることをオススメします。
しかし、不動産会社に値引き交渉をしてみるのも良いかもしれません。
場合によっては、値下げを考えてくれることもありますので、値下げが可能か聞いてみるようにしましょう。
場合によっては、住宅を建築する場所に向いていない土地もあります。
多くの土地物件は、整備がされていて住宅建築用に整えられていますが、地盤が緩い場合もあります。
もし、住宅を建てても地震などで地盤が弱くなることも考えられますので、注意してください。
最近では、バリアフリーといった言葉も聞かれ、リノベーション時に費用が抑えられることもあります。
バリアフリー減税・省エネ減税などがあり、工事の内容によっては税制の優遇を受けられるケースもあります。

Page Top